離婚に強い弁護士を大阪でお探しなら、佐藤ミツアキの離婚相談カウンセリングにお問い合わせください。ラジオ大阪「佐藤ミツアキのグッドアドバイス」出演

 

 
離婚 弁護士・離婚カウンセリング[大阪]の佐藤ミツアキ

佐藤ミツアキ1966年生まれ(立命館大学卒業)
佐藤ミツアキの離婚相談所代表
作家:著書「パパのラブレター」、「パパのつうしんぼ [Kindle版]

弁護士を無料で紹介するサイト「弁護士探し@関西」 を立ち上げるかたわらラジオ番組に出演し離婚相談番組のパーソナリティとして活躍。100名以上の弁護士と連携をとり離婚問題には精通している。自らの離婚経験を活かして多くの離婚をサポート。特に女性に向けて夫の気持ちや考え方を男性の立場から伝えるカウンセリングには定評がある。離婚相談者には、離婚するための対処方法をアドバイスする。離婚相談だけでなく円満修復の相談からセックスレスや、不倫など恋愛の相談にも定評がある。
又、離婚に強い弁護士や探偵と連携し解決までのサポートを心がけている。
相談は、非営利で行っており初回の30分の相談料は無料。延長は2時間まで可能、延長料金は30分3,800円。2回目以降は30分1,900円で、実費のみをもらっている。親切な料金設定で何度も相談に行くリピーターも多い。
また、多くの雑誌や各メディアからも取材を受けている。離れて暮らす子供達との面会を書いた「パパのラブレター」、「パパのつうしんぼ」の2冊を出版。作家としても活躍中。

※弁護士の紹介は、弁護士72条、弁護士職務基本規約その他に則って紹介料は一切頂いておりません。

弁護士の紹介・ご相談 佐藤ミツアキの方針

あなたは、結婚生活に悩み、孤独で不安な日々を過ごしていいませんか?そんなあなたの気持ちを聞かせてください。離婚するにしても、離婚しないにしても、あなた自身がどうすればいいのか、わからなくなっているのだと思います。私と一緒に解決まで悩み考えましょう。女性の方には、夫の考えを男性目線でアドバイスいたします。男性の方には私が離婚を有利に進められた経験からできるアドバイスをさせていただきます。昨年の平成25年は、約850人の離婚相談を受けた実績があります。離婚カウンセリングを受けられる方は、相談内容や今までの経緯を書いてきて下されば、相談時間も短くなりカウンセリング費用は、お安く済みます。大切なお金です節約しましょう。私は、営利目的で相談料は頂いてません。初回の相談料の30分間は無料です。延長は、30分につき3,800円です。また2回目以降の相談料は、30分1,900円です。

≪ お金をかけずに離婚をしたい方 ≫
協議離婚する場合に作っておいた方が良いのが、公正証書です。公正証書と聞くと難しそうですが、ご自身で簡単に手続きできます。公正証書は、公証人役場の公証人が作成してくれますので専門的な知識はいりません。行政書士などに頼むと5万円〜10万円程度の作成費用と公証人役場に払う手数料が別途かかります。ご自身で手続きすれば手数料のみで作成でき費用は安くすみます。行政書士は公正証書の下書きをするだけです。相手との交渉の代理人になれるのは弁護士だけです。私は100名以上の弁護士と連携を取っております。必要に応じて離婚に注力された弁護士と解決までサポートいたします。

≪ 夫婦の性の問題、SEXレスや浮気で悩んでいる方 ≫
夫婦の性の問題は、机上の理論では学べません。最近の浮気の内容は多様化してきています。私は、一般論のアドバイスはしません。既婚者が、恋愛する事を否定も肯定もしません。夫婦関係の問題には各家庭のそれまでのプロセスが違う為、解決方法もさまざまです。男女の問題は、一筋縄ではいかないのです。近年、男女の出会い方も様々です。出会いサイト、ガールズバー、出会い喫茶、ハプニングバー、ネットチャット、カップル喫茶、出張ホスト(ホテトル)など浮気の境界線が分からなくなってきています。SEXレスや相手の浮気や不倫で悩んでいる方、ご自身の不倫で悩んでいる方も是非相談に来て下さい。私は夫婦の性生活の問題や不倫問題にも注力して取り組んでおります。

≪ 弁護士を探している方 ≫
弁護士なら誰でもいいのではありません。弁護士によって、結果も変わってくると思います。 弁護士にも得意分野があり離婚問題を扱わない弁護士もいるのです。弁護士選びは、難しいと思います。
私は、弁護士の無料検索サイト「弁護士探し@関西」の運営もしており、現在100名以上の弁護士と連携をとっております。ですから弁護士を紹介する事も可能です。弁護士の紹介料は無料で、お金は一切頂いておりません。ただ私は、安易に弁護士を勧める事はしていません。あなたの離婚問題には、弁護士が必要かどうかのアドバイスもしています。弁護士が必要な方には、あなたに合った弁護士を紹介できるようにサポートいたします。
注意:弁護士には受任義務がない為、紹介しても弁護士が必ず受任する訳ではありません。

≪夫婦関係の修復を考えている方≫
離婚はしたくないのに、理由もなく一方的に相手に離婚を言われている方。夫婦関係が、冷めきっていてこれからの夫婦関係が不安な方。離婚はしたくないけど、このままでいいのか悩んでいる方、私と夫婦関係の修復について一緒に考えていきましょう。離婚を回避し修復させた実績も多くあります。私は安易に離婚は勧めてはいません。せっかく生まれてきたのだから、後悔しない人生を送りたいものです。私は、あなたの選んだ人生を応援します。

≪ 男女関係の駆け引きと交渉の進め方 ≫
いくら夫婦といえども元は他人です。まして男と女です、交渉には駆け引きも必要になってきます。既に離婚すると心に決めた方には、どうしたら感情に流されず、冷静、かつ有利に話を進められるかをお話させていただきます。実際に、私が有利に進められた離婚調停での体験談などの話もさせて頂きます。夫婦関係で相手との交渉を有利に進める交渉術は、実際の経験がものをいうのです。私は、自身の離婚では、希望通りの離婚ができました。交渉には駆け引きと準備が必要です。私と一緒に悩み考え解決の糸口を探しましょう。

≪ 探偵を探している方 ≫
高額な費用を請求する悪徳な業者も多いのは事実です。表むきは、離婚相談と言いながら、実は興信所が運営しているケースなどは要注意。私は、社団法人の探偵協会の理事とも連携をとっております。料金が明確で安心して依頼できる5社程度の探偵事務所と連携をとっていますので、探偵事務所の紹介もいたします。ただ私は、安易に探偵をおすすめしません。どうしても探偵が必要な場合は、あなたの希望そった探偵事務所の紹介を致します。私が、紹介する興信所は、料金が明朗会計でわかりやすく、弁護士が利用するなど実績のある探偵事務所です。

≪子供の問題について悩んでいる方 ≫
私にも離れて暮らす子供がいます。子供にとって離婚は親の身勝手な行為です。私も離婚当時は、悩み苦しみました。親権や養育費についてどうすればいいのかを、親の立場だけでなく子供の立場になって考える事も大切だと思います。私も親権争いの経験者です。だからこそ離婚してからの子供との接し方についてもアドバイスができるのです。離婚しても親子である事実はかわりません。親権問題については、親権に強い弁護士と連携してサポートいたします。

このページのTOPへ

「離婚したい!!」でもその前に まずは弁護士にご相談!

離婚カウンセリングというと離婚を推奨していると思われがちですが、私は安易な離婚はお勧めしていません。勿論DVなどで即刻離婚しなくては、あなたやお子様が危険な目に遭うなど人によって様々な状況がありますので一概には言えないのですが・・・・・・。希望通り離婚したのはいいものの子供を育てつつ、経済的にも精神的にも自立してやっていくことは予想以上に大変です。周囲に頼れる人はいますか? 自活していけますか? 様々なことを加味した上で、なお離婚を選択しますか? 自分で下した決断に後悔だけはしないように、慎重に冷静になって下さい。しかし、自分のこととなると良く見えず客観的に見る事は難しいですよね。第三者だからこそ言えるアドバイスをさせて頂きます。

このページのTOPへ

私自身離婚を経験して。弁護士の必要性

結婚とは、まったく違った環境に生まれ育った男女が、法律上夫婦となり一つ屋根の下で生活するもの。時には喧嘩するのは当たり前のことです。そうしてぶつかりながら、少しずつお互いの価値観を認めあって、夫婦としての絆を深めていくのが理想的ですよね。
でも人間同士のこと、傍からみれば「何故こんなことで?」というような、ほんの些細なことから溝がどんどん深まって離婚に至ってしまうケースもあります。誰しも最初から離婚すると思って結婚はしないでしょうが、厚生労働省によると、平成21年の離婚件数は25万3,000組。婚姻件数が71万4,000組ですから、計算するとなんと3組に1組、約2分間に1組の夫婦が離婚していることになります。
かくいう私も離婚経験者です。私の場合は元妻からの離婚の要求を私が拒否し話し合いがつかなかったため、家庭裁判所で「調停離婚」しました。今は二人の子供を元妻が育てていますが、別れたとはいえ親として当然の務めと思い毎月決まった養育費を支払い、定期的に子供に会っています。再婚してもこの現実から逃げるつもりもないし、子供に会える時間は、私にとって大切な時間なのです。
しかし、養育費を払わない男性は非常に多く、最近の母子世帯調査によると、離婚後父親から養育費を受け取ったことのない母子家庭は実に80%にのぼります。しかも協議離婚をした世帯の約40%しか養育費を支払うという取り決めをしていません。公正証書などの取り決めをしても、何らかの理由で支払わない父親が20%もいるのです。
養育費を受けている場合でも1世帯平均金額で4万2千円程度と、子供を育てるのに決して十分な額ではありません。結婚後家庭に入っていた女性は、離婚後あらたな職を探すことは難しいという現実に直面することでしょう。どうか安易な離婚は避け、実際に起きてくるであろう様々なことにきっちり向き合って下さい。勿論一人で考えてなんて言いません。一緒に解決策を見つけましょう。

このページのTOPへ

最初の相談相手は、誰ですか? 弁護士に相談する前に

離婚を考え始めて、インターネットで離婚を検索すると、弁護士や行政書士の多さに気づきます。確かに弁護士は離婚手続きの代理人になれますが、行政書士は、書類作成のみの代書屋です。離婚相談といいながら、離婚を勧めるだけの専門家には、相談しない方がいいでしょう。離婚相談は、離婚経験者でないと分からない相手親との関係や、勤める会社での立場や世間体など、多くの辛い現実があるのです。 私の所に来る相談者から、弁護士にお金があまりない事を伝えると引き受けてくれなかったなどのクレームをよく聞きます。弁護士によっては、離婚は時間がかかるのでやりたがらないケースもあると聞きます。私は、あなたと同じ経験をしているからこそ親身になって離婚相談ができるのです。また離婚相談のプロとして今まで数多くの相談実績があります。また私のカウンセリングは、リピーターが多いのも特徴です。

離婚問題を熱心にされる弁護士の方も多くいます。離婚の弁護士費用は、一般的に着手金で20万円〜40万円程度、調停や裁判になると50万円〜60万円以上必要と言われています。場合によっては弁護士が必要です。弁護士を使う場合でも賢く選んで、無駄な出費や時間の浪費を抑えましょう。佐藤ミツアキは、弁護士の選び方のアドバイスも致します。
私は、多くの優秀な弁護士と連携をとっております。ですから必要に応じて、優秀な弁護士の紹介も無料で行っております。離婚を考えたらまず、佐藤ミツアキに相談して下さい。

≪弁護士や行政書士の利用の仕方≫【弁護士費用の用語集】←詳しくはクリック
弁護士を使う場合でも弁護士に過剰な期待をせず、離婚の手続きを代理してくれる人と割り切って使えばいいのです。弁護士は裁判をする場合や相手との話し合いの際、代理人として手続きを行うことができます。親権争いなどで裁判に発展しそうな場合、交渉など全てを任せたい場合は弁護士へ依頼してください。行政書士は弁護士のように裁判の手続きや交渉はできません。婚協議書など書類作成の専門家です。費用は依頼する弁護士によって変わってきます。

このページのTOPへ

女性の方へのカウンセリング 弁護士にも相談できない方へ

夫の事で悩んでいるあなたは、夫が何を考えているの?夫は何をしたいのか?
理解できないのだと思います。それは、女性であるがゆえに男性の気持ちが理解できない部分が多いと思うのです。私は、男性の立場になって考えるカウンセリングができます。同性であればこそわかる事が多くあります。
私のカウンセリングで夫が何を考えているのかを、少しでも理解できるようになれば、解決の糸口も見つかりやすくなるはずです。離婚をしたくない、夫婦の関係を修復したいあなたには、男性の立場からアドバイスさせて頂きます。離婚を決心したあなたには、男性の立場から夫との交渉を有利に進める方法もアドバイスいたします。
昨今、養育費を払わない父親が増えています。私は、父親に養育費を支払う事の大切さを伝えております。
日本は離婚して親権は母親が持ち子供を育てる場合が多いです。離婚して元父親から養育費を受け取っている母子家庭は20%しかいません。国から貰える母子手当ての平均は、4万2千円程度です。
私は、離婚を考えている女性にこの現実をわかってもらいたいのです。お子さんがいらっしゃる方は、離婚する父親からきっちり養育費はもらいましょう。結局、何の罪もない子供達が犠牲になるのです。私は、この現実をメディアなど通して訴えています。
佐藤ミツアキは、離婚に強い女性の弁護士と連携してサポートしております。安心してご相談下さい。 また当社には、顧問弁護士もいますので相談する事も可能です。
私は、勇気をだして佐藤ミツアキに相談して下さった、あなたを誰よりもサポートいたします。たった一度の人生です。
私は、あなたが後悔のない幸せな人生を送る為に一緒に悩み考えアドバイスさせて頂きます。そして再びあなたの笑顔がみられるように佐藤ミツアキは、カウンセリング後もずっと応援しています。

このページのTOPへ

男性の方へのカウンセリング 弁護士をご紹介する前に

離婚カウンセリングというと、どうしても女性のためのものと思われがちですが、私が男性ということもあって、多くの男性が相談に来られます。私の離婚経験から得たことをお伝えしています。男性の場合は「真面目に働いているのに妻からいきなり離婚を切り出された」、「好きな人が出来て離婚したい」などの悩みを誰にも相談出来ず、内心追い詰められている方が多いです。もう一度やり直したいという方には離婚回避のカウンセリングを。また離婚をお考えの方には、交渉術などの有利に離婚を進めるノウハウをお伝えします。ちなみに私の場合は、元妻の弁護士が頼りなかったので、私は弁護士を付けずに戦いました。結果は、私の思いどおりに調停を進める事ができました。元妻は、弁護士に50万は支払っていたと思います。その時の状況にはよりますが、弁護士や行政書士を必ず使う必要もないのです。また相手方の弁護士からの矛盾した慰謝料や無意味な駆け引きと思われる行動には、応じる必要はありません。毅然とした態度で挑みましょう。
ご自分の浮気やDVをなんとかしたい、という方へのカウンセリングも行っています。気軽にご相談下さい。
昨今、養育費を払わない父親が増えています。私は養育費を支払う事の大切さも伝えております。離婚後、新しい人生のスタートとしての再婚はいいと思います。でも再婚しても前妻の子供を養育する責任はあるのです。責任を果たしてこそ再婚して、幸せになれるのではないでしょうか。
私は、離婚を否定も肯定もしません。どちらを選択するにしてもあなたの人生です。たった一度きりの大切なあなたの人生です。
私と一緒に一番いい解決の方法を考えましょう。そして悔いのない人生を送りましょう。私は、あなたをサポートいたします。

このページのTOPへ

お子さんが居る方への弁護士紹介

お子さんが居る場合は、まず子供の環境と親としての責任は何かを考えて下さい。子供にとっては父親も母親も必要なのです。離婚は、子供にとって親の身勝手な行為です。よく養育費を払わないから子供には会わせないとか、子供に会わせたくないから養育費はいらないとか駆け引きをする親がいますが、親の勝手な事情よりも子供の将来や人生を考えてあげて下さい。
こんな話があります。幼い頃親が離婚して母親に育てられた父親の顔も知らない子供が、成人して父親を探していました。友人には、「父親を探して殴ってやる!」と言っていました。やがて父親を探し当て面会する事になりました。ところが、実父に面会したその子供は、抱き合って一緒に泣いたそうです。子供にとっては、いつまでたっても父親は父親なのです。だからこそ世の離婚した父親には、子供を養育する責任をわかって欲しいのです。日本の場合、親権は母親が持つ場合多いです。父親が離れて暮らす子供達にできる事はなんですか?養育費を支払うこと?定期的に面会してあげる事?養育費を払っていれば、子供たちの思いはいずれ感謝の気持ちにかわります。面会は子供にとって大切な思い出になります。たとえあなたが、新しいパートナーと結婚して家庭を持っても、あなたには、離れて暮らす子供がいる事を忘れないで下さい。

このページのTOPへ

男女関係の駆け引きと交渉術 弁護士は離婚手続きの代理人になれる人です。

弁護士は、相手と直接交渉できる代理人になれます。離婚問題は弁護士しか代理人にはなれません。
行政書士や司法書士は相手と直接交渉したり調停に同席できません。
だた、弁護士に離婚問題の法的な手続を進めるのに優秀な方はいますが、交渉術にたけているとは限りません。
離婚相談や夫婦関係修復は、机上では学べない男と女のかけ引きや、交渉術などが必要になってくるのです。
例えば、恋愛経験が少ない、離婚の経験がない、再婚の経験もない、子供がいない専門家に離婚や再婚、
夫婦の性の問題、離婚後の子供との接し方などのアドバイスができるのでしょうか?机上の知識だけで相談にのれる程、男と女の問題は一筋縄ではいかないのです。私は、自身の恋愛経験の中で結婚と離婚と再婚を経験しました。また現在、子供達と離れて暮らしています。その経験から分かった事をあなたにアドバイスできるのです。特に男と女の関係には、夜の夫婦生活など、机上では学べない問題が多くあるのです。また、私が、お伝えしている男と女の交渉術や駆け引きは、実際に私が離婚調停で100%希望通りの結果を残せたからこそお話できるのです。また私のかけ引きと交渉力は、サラリーマン時代に培われた経験が生きています。私は、13年間勤めた上場企業で、営業マンとして2000人中でトップの実績を残しました。また営業マネージャーとして多くの部下に交渉術や駆け引きの方法などの指導をしてきました。
その相手との交渉や駆け引きの方法は、私の離婚相談でのアドバイスに生かされていると思っています。
私は、あなたの離婚や修復の為に必要な交渉術や駆け引きのアドバイスをさせて頂きます。

このページのTOPへ

離婚相談所選びのポイント

離婚相談や離婚カウンセリングをしている業者が多くありますが、いい加減な業者も存在しています。私の所に来られる相談者から良く聞くクレームから、離婚相談所選びのアドバイスをいたします。

【離婚相談所選びのポイント】

  1. 表むきは、離婚相談と言いながら、実は探偵事務所が運営している場合は要注意。安易に浮気調査を勧めてくる場合は、その場で契約しない事。探偵事務所は、調査費用が欲しい為に、偏ったアドバイスをするケースもあります。
  2. ホームページに離婚相談所の住所や所在地が載っていない離婚相談所は、やめた方がいいでしょう。
    怪しすぎます。離婚相談は1回では終わるとは限りません。所在地が分からない人に相談できますか?
  3. 相談する場所が、個室でなく、プライバシーが守られていない場所で行われる離婚相談は、 信用できません。プライバシーに関係する離婚の相談をあなたは、喫茶店でできますか?
    最低でも事務所をかまえて個室で相談できる環境が必要です。
  4. 離婚相談の料金が、書いてない。もしくは分かりにくい所に書いてある。これも怪しすぎます。
  5. 弁護士も紹介できますと言いながら、1人の弁護士しか知らない。弁護士にも相性があります。
    最低でも10人以上の男女の弁護士から選べる環境が望ましいです。
  6. 相談料金を無料と書き、無料以降が高い値段設定の所は、逆に相談費用が 高くなる場合があります。料金を確認して依頼しましょう。
  7. 離婚相談といいながら、離婚を勧めるだけで、離婚手続きの見積もりを出す相談所は、やめた方がいいでしょう。

このページのTOPへ

弁護士の探し方

日本で弁護士は、相談者が選べる程の環境は整っていません。それは弁護士を探す時に気づきます。私が、弁護士検索サイトを立ち上げたきっかけは、私自身弁護士探しの苦労があったからです。弁護士会の紹介で5人の弁護士に会いましたが、希望の弁護士とは出会えませんでした。私は、人間力・交渉力がある弁護士を探していたのです。弁護士会や法テラスからの紹介される弁護士はあたりはずれがあります。しかも相談料はきっちり30分 5250円を取られました。離婚でも弁護士を代理人に使う場合は、弁護士によって結果は大きく変わります。慰謝料・養育費・財産分与などお金が絡む大事な問題です。弁護士選びも重要になってきます。
日本にもロースクール(法科大学院)ができ、国は弁護士を増やす事を推めています。弁護士もサービス業です。私達、利用者が弁護士を選ぶ環境を整えてほしいと思いませんか?最近は、危機感を持った弁護士が増えてきました。これからは、弁護士も競争社会です、駄目な弁護士は淘汰されていくのです。だからといって利用者が希望の弁護士を探すのはまだ難しいのです。そこで簡単に弁護士選びの基本をアドバイスさせて頂きます。

【弁護士探しのポイント】

  1. 弁護士会などから紹介を受けた弁護士が気に入らない場合は妥協しないで別の弁護士を探す。
  2. お金がない場合、法テラスの「法律扶助」で弁護士を利用すれば、弁護士費用を立替てくれる。
    弁護士費用の支払いは、事件解決後でいい。但し事前審査があり時間を要します。
  3. 弁護士事務所の大きさや名前だけで決めずに、弁護士と直接会って話をしてから決める。
  4. 同世代の弁護士の方が話しをやすいので年齢が近い人がお勧め。
  5. 知り合いなどからの弁護士の紹介は、相性が悪かった時、断りにくいので慎重に。
  6. 弁護士を費用だけで選ばない。「安物買いの銭失い」にならないように、弁護士の人間力や交渉力の
    見極めが必要です。

このページのTOPへ

離婚したあなたへ
               	まずは弁護士にご相談を

私は35歳の時に離婚しました。離婚した時これからの人生誰かと恋愛をすることはあっても、もう結婚はしないだろうなと思いました。そう考えたのは二人の子供の存在があったからです。親達の身勝手で離婚して既に罪のない子供達を傷つけているのに、更に私が再婚することで子供達が見捨てられたように感じるのでは?ということが気がかりだったのです。更に結婚に失敗した自分がもう一度誰かと結婚してやっていけるとは思いませんでした。
離婚後知り合った女性の中には、子供のことを話すと去っていた人もいます。それはそれで仕方のないことですし、離れて暮らしているとはいえ私の子供のことを大事に考えてくれない人とはうまくやっていけそうにないと思いました。しかしそんな時「子供のことをちゃんと考えているところに惹かれた」といってくれる女性と出会いました。現在その女性と再婚して、今はとても幸せに過ごしています。気がかりだった子供のことですが、今でもよく会いに行っています。離れて暮らしていても父親は出来ます。愛情を注げば、子供は見捨てられたと感じることはありません。だから私と同じような理由で再婚を躊躇されている方には自信を持って再婚をお勧めできます。いくつになっても人生はやり直しがききます。バツイチを隠さず堂々と恋愛を楽しみましょう。私のカウンセリングを受けて、是非とも前向きになって新しい人生を楽しみましょう。生きるって辛い事いっぱいあるけど、でも楽しい事もいっぱいあるのですよ。

このページのTOPへ

これから幸せになるために 弁護士を活用しましょう。

離婚してからの人生って不安ですよね。でも新しい人生のスタートでもあるのです。前向きに人生を楽しみましょう。たとえ今が苦しい時でも、辛い事を経験しているから人に優しくなれる。だからこそ次は、幸せになって下さい。すてきな出会いをして下さい。私は、離婚をふまえて同じ失敗はしたくないと思いました。だからこそ今の妻に対して、信じる気持ちと許す気持ちをもって接しています。冒頭にも述べましたが、他人同士が、結婚して夫婦になる。すべてが思うようには行いきません。お互い失敗もするし、理解できないことだらけ。離婚経験者は、失敗を踏まえて相手を許し、信じる気持ちにかけていた事に気づきます。離婚したからこそ、次の結婚や恋愛に生かせる事ができる。失敗したからこそ相手を許す気持ち、相手を信じる気持ちなどの包容力が身についています。離婚が増えた今、離婚している男女がもてるのです。
幸せになる為の離婚であってほしい。それが佐藤ミツアキのカウンセリングの理念です。あなたもきっと素晴らしい人生が待っています。佐藤ミツアキは、離婚をされた方のサポートをしていきます。佐藤ミツアキと会って、話して元気になって下さい。

このページのTOPへ

弁護士ではできない、恋愛カウンセリング

佐藤ミツアキは、離婚問題だけでなく、恋愛のカウンセリングもしております。「婚約したけど現在悩んでいる」、「不倫しているけど、どうしたら別れられるのか?」「彼氏ができなくて悩んでいます」などさまざまな悩みに対してアドバイスしております。一緒に考え解決の糸口を見つけましょう。
恋愛は、不思議なパワーがあります。人に優しくなれたり普段できない事にチャレンジできたり。あなたにも、きっと幸せはおとずれます。ここ近年は、結婚できない男性、結婚しない女性が増えています。出会いの機会も減っているのでしょうか?出会いの機会は昔も今も同じです。出会いの機会は、あなたの努力次第で変わってくるのです。出会いは、身近な所にあります。

佐藤ミツアキは、恋愛に対しても前向きになれるカウンセリングをしております。是非とも、佐藤ミツアキと話をして元気になってくださいね。

※弁護士・司法書士の紹介は弁護士法に則って紹介料は一切頂いておりません。

このページのTOPへ

離婚相談・夫婦関係修復・カウンセリング・対応エリア(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山)

 
 
Copyright © 2007-2014 佐藤ミツアキのカウンセリング All Rights Reserved.